プロペシア副作用

プロペシアの副作用を解説します

医薬品は副作用が出ることがあります

プロペシアの副作用について解説します。抜け毛防止や育毛のためにプロペシアを使おうという方が気にしているのは、プロペシアの副作用ではないかと思います。もし副作用があればそういう副作用があるのかを解説します。

 

医薬品はある目的の効果がでます。しかし医薬品には副作用が出てくる時があります。
その副作用が大したことが無ければいいのですが、もし重大な副作用があれば期待する効果と天秤にかけて使うか、使わないかを判断します。

 

もし癌になってしまったら、抗がん剤を服用しますが、この抗がん剤の副作用で髪の毛が抜けてしまうことがあります。しかし患者さんは抗がん剤の使用をやめてしまう方はいません。なぜなら生命と髪の毛が抜けるのとを天秤にかけますと100%の方が命のほうが大事なので抗がん剤を使い続けます。

またバイアグラなどのED治療薬でも副作用が出る場合があります。
これも人により違うのですが、バイアグラの場合は、鼻つまりや頬がポッポしてきたリ、動悸が激しなる方もいます。これは直ぐに治りますが軽い副作用だと気にしない方も多い様です。私もバイアグラを愛用していますがユンケルを飲んだ後の身体が熱くなるような感じはしますが、全然気になりません。

プロペシアの副作用

ではプロペシア(フィナステリド)の副作用はどういうものがありでしょうか?

 

 

製造元のメルク社が出している注意書きによる※2014年3月改定(第12版)

 

48週間の二重盲検比較試験において、安全性評価対象276例中11例(4.0%)に14件の副作用(臨床検査値異常変動を含む)が認められた。主な症状はリビドー減退(性欲減退) 3 例(1.1%)、勃起機能不全 2 例(0.7%)等であった。

 

(1)重大な副作用
1)肝機能障害(頻度不明)注):肝機能障害があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
注)自発報告あるいは海外において認められている。

 

(2)その他の副作用
次のような症状又は異常があらわれた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

 

種類/頻度 頻度不明※1 1 〜 5 %未満 1 %未満
過敏症 ソウ痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫(口唇、舌、咽喉及び顔面腫脹を含む)    
生殖器 睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等)(注2) リビドー減退(注3) 勃起機能不全(注3)、射精障害(注3)、精液量減少
肝臓 AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇    
その他 乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい    

(注1)自発報告あるいは海外において認められている。
(注2)本剤の投与中止後に、精液の質が正常化又は改善されたとの報告がある。
(注3)市販後において、投与中止後も持続したとの報告がある。

 

重大な副作用としては
肝機能障害(頻度不明)(※2):肝機能障害があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合(※3)には、投与を中止するなどの処置が必要になりますので医療機関に相談することが必要です。

 

 

私の周りでプロペシアを使っている人は多いのですが、今のところプロペシアで副作用が出たというのは聞きません。
その後調べてみましたが、ある大手の発毛外来のクリニックで「当院でも過去1万人ほどプロペシアを処方していますが1人だけ該当者がいました。」の記載がありました。
まず副作用は出ないと思いますが、もし出ましたら医療機関に相談してください。

副作用を出さない為に

副作用というのは次第に弱くなっていくものです。
しかし性欲減退などは困ります。まず薬を身体になじませましょう。

 

プロペシアの服用方法は
男性成人には、通常、フィナステリドとして0.2mg(0.2錠)を1日1回経口投与する。
なお、必要に応じて適宜増量できるが、1日1mg(1錠)を上限とする。

 

とあります。

 

通常は1日1回プロペシアを1錠(1mg)を服用する方が多い様ですが、使い始めは1錠をピルカッターなどで4分の1錠(0.25mg)にしたものをを1週間から10日続け、その後2分の1錠(0.5mg)をやはり1週間から10日続けた後1錠(1mg)に増量するのがいいと思います。

 

いきなり1錠(1mg)ではなく少ない量から始め少しずつ増やしていくのが、身体にも優しい服用方法です。ぜひやってみてください。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ