ミノキシジルは外用薬と内服薬とどちらが効果があるのか?

ミノキシジルは外用薬と内服薬とどちらが効果があるのか?

ミノキシジルは外用薬と内服薬があります

我が国でミノキシジルが商品化されて市場に出回っているのは現在のところリアップだけです。
「日本で唯一発毛が認められたのは・・・・」と宣伝しているのは本当です。大人気の育毛剤です。
ですので日本ではミノキシジルは圧倒的にローションタイプの外用薬が圧倒的に多く使われています。
そりゃそうですよねミノキシジルが含まれている医薬品はリアップしかありませんから。

 

しかし外国に目を向けるともちろん外用薬は何種類も売られていますが、現在は錠剤タイプのミノキシジルタブレットも何種類も有ります。以前は外用薬しかなかったのが、最近は錠剤タイプが手軽で簡単に育毛ケアが出来るので大人気となっています。

特に今まで外用薬で効果が出なかった前頭部の育毛にも改善があったという報告もあり、ミノキシジルタブレットは人気商品となっています。

 

現在は国内で販売されていないミノキシジル医薬品が個人輸入の通販で購入できますので選択肢は増えています。更にジェネリック医薬品もありますので価格も非常に安く買えるようになりました。

ミノキシジルは外用薬と内服薬とどちらが効果があるのか?

まず使い方ですが
外用薬は1回1mgを一日2回、気になる薄毛部分にスポイトを利用して直接塗ります。1日1回ではなく朝、晩の1日12時間間隔が効果的です。

 

内服薬は1日服用量(5mg)を1日1回、あるいは2回に分けて服用します。

 

 

めんどくさがりも方はタブレットのがよさそうです。
また朝仕事に行く前に時間の余裕がある方は外用薬がいいですけど、朝が苦手な方や朝忙しい方はタブレットがいいかもしれません。
一般的に外用薬は頭頂部や薄毛が目立つところや生え際の気になるところに集中してケア出来ます。
タブレットは服用するため成分を吸収しやすい為効果が出やすいということもあります。特に今まで外用薬で効果が出なかった前頭部の育毛にも改善があったという報告が気になります。

 

多毛症の副作用についてはタブレットのが出やすいみたいです。(髪の毛以外のヒゲや腕やすね毛などです。)

 

どちらも育毛、発毛効果は有ります。そして育毛ケアは長期にわたり継続するものですから、毎日忘れずにやれるものを選べばいいと思います。

ミノキシジル最安値

お支払いは銀行振り込みのほかVISA、JCB、アメリカンエクスプレスカードのカードが使えます。

 

ミノキシジルタブレット10mg

錠剤タイプのミノキシジル
1箱100錠 ミノキシジルタブレット

 

5mg錠と10mg錠があります
10mg錠はピルカッターで半分の5mgにしてお使いください。
※成人に対して、1日服用量5mg(0.5錠)から開始することが推奨されています。必要に応じて1日服用量20mgまで増量ができ、その後、1日服用量40mgまで増量ができます。

ミノキシジルタブレット 1箱換算 1か月コスト
5mg錠 1箱 100錠 3,290円 - 1,020円
5mg錠 2箱 200錠 4,692円 2,346円 728円
10mg錠 1箱 100錠 3,473円 - 539円
10mg錠 2箱 200錠 5,180円 2,590円 401円

プロペシア通販ガイド・購入

ミノキシジル外用薬

 

 

ロゲイン5%

ロゲイン5%
1本 60ml×2本 ミノキシジル 5% 

 

国内で唯一発毛効果が認められたリアップX5と同等品
ロゲインは頭皮に塗るローションタイプです。
ロゲイン5%は男性専用です。女性はロゲイン2%があります。
リアップX5は1本60mlで7,600円なのでその半分以下の価格で非常にお得!

1本60ml×2本 スポイト付 1本あたり単価 1か月分
6,094円 3,047円 3,047円

プロペシア通販ガイド・購入

 

 

カークランド5%

カークランド5%
1本 60ml×2本 ミノキシジル 5% 

 

ミノキシジル外用薬の廉価版。人気、実力No.1商品です。
国内で唯一発毛効果が認められたリアップX5と同等品
リアップX5は1本60mlで7,600円なのでその4分の1以下の価格で非常にお得!コストを抑えたい方はカークランド5%がおすすめです。

1本60ml×2本 スポイト付 1本あたり単価 1か月分
3,620円 1,810円 1,810円

プロペシア通販ガイド・購入


ホーム RSS購読 サイトマップ