ミノキシジル最安値

ミノキシジルの効果と最安値価格

ミノキシジル概要

本サイトのトップページで日本皮膚科学会が公表するガイドライン(2010年版) でこのミノキシジルとプロペシア(フィナステリド)の2種類の医薬品がAランクを獲得しています。とご紹介しましたがこのミノキシジルという成分はあまり聞きなれない言葉ですね。

 

実はこのミノキシジルというのは薬品名ですが商品名にすればわかると思います。『リアップ』です。
この商品はTVコマーシャルで水谷豊が「リアップは日本で唯一発毛が認められた育毛剤です。」と言っていますがこのリアップの育毛成分がミノキシジルです。

プロペシア通販ガイド・購入

 

ミノキシジルは厚生労働省も発毛を認めている効果成分です。

 

実はこのミノキシジルは2種類のタイプがあります。
頭皮に塗るローションタイプの外用薬と服用する錠剤タイプの内服薬です。
どちらもミノキシジルが効果成分になりますのでどちらも発毛を促します。

ミノキシジル最安値

お支払いは銀行振り込みのほかVISA、JCB、アメリカンエクスプレスカードのカードが使えます。

 

ミノキシジルタブレット10mg

錠剤タイプのミノキシジル
1箱100錠 ミノキシジルタブレット

 

5mg錠と10mg錠があります
10mg錠はピルカッターで半分の5mgにしてお使いください。
※成人に対して、1日服用量5mg(0.5錠)から開始することが推奨されています。必要に応じて1日服用量20mgまで増量ができ、その後、1日服用量40mgまで増量ができます。

ミノキシジルタブレット 1箱換算 1か月コスト
5mg錠 1箱 100錠 3,290円 - 1,020円
5mg錠 2箱 200錠 4,692円 2,346円 728円
10mg錠 1箱 100錠 3,473円 - 539円
10mg錠 2箱 200錠 5,180円 2,590円 401円

プロペシア通販ガイド・購入

ミノキシジル外用薬

 

 

ロゲイン5%

ロゲイン5%
1本 60ml×2本 ミノキシジル 5% 

 

国内で唯一発毛効果が認められたリアップX5と同等品
ロゲインは頭皮に塗るローションタイプです。
ロゲイン5%は男性専用です。女性はロゲイン2%があります。
リアップX5は1本60mlで7,600円なのでその半分以下の価格で非常にお得!

1本60ml×2本 スポイト付 1本あたり単価 1か月分
6,094円 3,047円 3,047円

プロペシア通販ガイド・購入

 

 

カークランド5%

カークランド5%
1本 60ml×2本 ミノキシジル 5% 

 

ミノキシジル外用薬の廉価版。人気、実力No.1商品です。
国内で唯一発毛効果が認められたリアップX5と同等品
リアップX5は1本60mlで7,600円なのでその4分の1以下の価格で非常にお得!コストを抑えたい方はカークランド5%がおすすめです。

1本60ml×2本 スポイト付 1本あたり単価 1か月分
3,620円 1,810円 1,810円

プロペシア通販ガイド・購入

ミノキシジルの効果

 

血管の拡張効果

 

ミノキシジルには血管を拡張する作用があります。そして頭皮の血流を増やすことで毛母細胞の分裂に必要な栄養素を補給します。
ミノキシジルは血管を拡張させて血行を良くし、血流を改善する効果が有るため、特に頭頂部や生え際部分の薄毛や抜け毛に高い効果を発揮します。

 

成長因子を増加させる

 

成長因子とは細胞の成長や分裂を促すタンパク質のことで、髪の毛の成長には欠かせないものです。
ミノキシジルは、VEGFという成長因子の産出を促進させると言われており、これが発毛、育毛に強い効果を表します。

 

上記の相乗効果で発毛を促す

 

今まで細く弱々しい毛髪がミノキシジルの効果により血行を促進し血管拡張作用により毛髪を増やし、太く強い髪にしてくれます。
同じ毛髪量でも細い髪と太くしっかりした髪では圧倒的に見た目とボリューム感が違います。

 

更に弱った毛包で育たなく抜けていた毛髪が、以前のように育ちますので絶対的に毛髪量が増えてきます。

 

ミノキシジルの外用薬と内服薬の使い方

ミノキシジルタブレットの使い方

 

《ミノキシジルタブレット5mg》
■1日服用量5mg(1錠)を1日1回、あるいは2回に分けて服用してください。
※ただし、1日最大服用量である100mg(20錠)を超過しないこと。

 

成人に対して、1日服用量5mg(1錠)から開始することが推奨されています。
必要に応じて1日服用量20mg(4錠)まで増量ができ、その後、1日服用量40mg(8錠)まで増量ができます。

 

服用量を増やす際は、3日以上をかけて、1日あたり5〜10mg(1〜2錠)の範囲内で増量してください。
1日服用量が50mg(10錠)に達した後は、1日あたり25mg(5錠)の増量が可能です。

 

 

《ミノキシジルタブレット10mg》
上記の5mg錠に準ずる使い方をして下さい。
※10mg錠はピルカッターなどで半分にカットして使えば使いやすくコストも下がり非常にお得です。

 

ミノキシジル外用薬(ローションタイプ)の使い方

 

1回1mgを一日2回、気になる薄毛部分にスポイトを利用して直接塗ってください。
朝、晩の1日12時間間隔が効果的です。

 

日本ではリアップx5のようなローションタイプの外用薬のミノキシジルがメインですが、個人輸入の通販で内服薬のミノキシジルタブレットも入手することが出来るので最近はミノキシジルタブレットを使用する方が増えています。

 

ミノキシジルの副作用も指摘されているので、いくつか紹介します。

 

ミノキシジルは元々血管拡張剤として開発された成分で、血管を拡張する作用がありますので、そのままそれが低血圧につながることがあります。

 

ミノキシジルの血管拡張効果が促すのは、髪や毛にだけではなく皮膚にも影響を及ぼし、皮膚の成長を促進すると、皮脂の分泌が過剰になり肌荒れやニキビの原因になる場合があります。

 

ミノキシジルの効果は必ずしも髪の毛だけに効くとは限らず、髭や腕や足の毛など本来意図しなかった部分の毛が濃くなってしまう可能性があります。その他、性的不能や性欲減退などの報告があります。

 

特に錠剤タイプの内服薬は増量が出来るようで簡単に増量できますが、私の場合はフィナステリドと併用していますのでフィナステリドで抜け毛を防ぎ、ミノキシジルで毛髪を太く腰のあるものにしたいので、1日の摂取量を5mgにしています。(10mgのものをピルカッターで4分の1にして、2.5mgを朝と晩に服用しています。)
今のところ性的不能や性欲減退もありませんし、髪の毛以外は特に他の部分が毛が濃くなったということはありません。
気のせいかもしれませんが、夕方過ぎになると顔が脂ぎって来たような感じはします。

 

これも個人差がありますので参考になれば幸いです。


ホーム RSS購読 サイトマップ