正しいシャンプー方法

抜け毛、薄毛を防ぐシャンプー方法

正しいシャンプー方法の前に

AGAが気になる方は正しいシャンプー方法をしていない方が非常に多いです。乱暴にして洗髪すると頭皮や毛根を痛めてしまいます。これから育つ髪の毛が抜け毛になり薄毛に繋がりますので正しいシャンプー方法をマスターしましょう。

 

シャンプーする前に気にすること

髪の毛が一番育つのは寝ている時です。
この髪の毛が育つ時間を有効にするのが、就寝前の洗髪です。洗髪すると頭皮の毛穴が皮脂や汚れで詰まっているのを取り除きより育毛しやすい環境になります。

 

人によっては、洗髪した後乾かさないでそのまま寝てしまい方がいますが、これはいけません。髪が濡れている状態は髪を傷めますので必ず乾かしてください。

 

シャンプーを選ぶ

現在市販されているシャンプーの多くは合成界面活性剤で作られています。この界面活性剤は洗浄力が強いので皮脂や毛髪の汚れを落とすにはよく落ちますが、フケ、かゆみ、または抜け毛などの原因になります。
よく主婦が洗剤を使うと手が荒れるというのを聞きますが、これも洗浄力が強すぎるためにおきる症状ですが丈夫な手が荒れるくらいですから、やはり頭髪には界面活性剤のものはやめたほうがいいかもしれません。

 

毛髪にいいシャンプーページはこちらから

 

正しいシャンプー方法ならムダに洗浄力の強いシャンプーを使わなくても、低刺激のもので十分に洗浄はできます。
頭皮に余計な刺激を与えることなく、トータルで「頭皮にやさしい」シャンプーをするのが育毛環境を整える秘訣です!

正しいシャンプー方法

いきなりシャンプーを頭にかけないでください。

 

まずはお湯で予洗をしましょう。

 

「えっ シャンプーを使わないの?」とお思いでしょうがまだ使いません。
お湯の洗浄力は非常に強いものです。シャワー状態がいいですが頭にお湯をかけながら指のひらでゆっくり撫でるように頭髪を洗います。するとこれだけで髪の毛と皮脂の約80%の汚れが落ちます。

 

次にシャンプーを手に取りましょう。

 

まだ頭に振りかけてはいけません。
手のひらにシャンプーを必要分たらし、両手で良く泡立てます。

 

直接頭につけて、そこから泡立てますと必要以上に摩擦により与える刺激が強くなってしまいます。
頭皮には体毛や産毛状態のこれから育つ髪の毛の芽がたくさん生えています。
これをゴシゴシこすると摩擦や刺激でこの髪の毛の芽を取ってしまいますので注意が必要です。

 

両手で泡立てたものを、指先のひらで「サワッ サッワッ」くらいの強さで毛根を撫でる感じで洗います。

 

「ゴシ ゴシ」や「ザッ ザッ」ではなく髪をなでるように「ス〜 〜」くらいの感じです。
ニュアンスが難しいのですが大体わかりますか?

 

 

絶対にやってはいけないことは、爪を立てて洗わないことです。
爪を立てるとせっかく生えてきた髪の毛の芽を取ってしまいます。

 

 

予洗していますので、このくらいの洗い方で髪の毛の汚れや頭皮の脂汚れは十分落ちます。

 

すすぎもしっかりやること

 

頭を洗い終わったら次はすすぎです。
このすすぎの時も、「ゴシ ゴシ」は駄目です。
お湯をたっぷりかけながら、優しくすすいで下さい。

 

洗髪後は乾燥させる。

 

頭を洗ってサッパリしましたがここで安心してはいけません。すぐに乾かしましょう。
濡れている時は髪の毛が一番弱い状態ですのですぐに乾燥させましょう。

 

ドライヤーでもタオルドライでもどちらでも結構です。やはりタオルで水分をふき取る時も優しくやってください。
ドライヤーの場合は乾燥のし過ぎだけ注意して下さい。

 

 

>>育毛対策に効果のあるシャンプーページはこちらからどうぞ


ホーム RSS購読 サイトマップ